TOP

風俗で感謝祭をやっていて色々すごいサービスを受けてきました。体験談を語りましょう。

高級デリヘルの悩みとは

高級デリヘルはデリヘル風俗業界の中でトップを誇るジャンルで、給与面や待遇は他の一般的なデリヘル店とは一線を画します。高級デリヘルに入店できる女性は極限られた女性になっており、ただ可愛いだけの女性は入店できません。その女子自身の雰囲気も非常に重要で、立ち居振る舞いや言動、マナーを注意深く見られています。高級デリへルに勤めている女性は一般的なデリヘル店に勤めている女性よりも悩みは少ないのではないかと思われています。それもそのはずです。一般的なデリヘルは言ってしまえばどんな男性でも利用できますし、手の届く価格範囲内ですので、言い方は悪いですが客層の悪い方接客しなければいけません。中には本番を強要したり、交渉したりするお客も少なくなく、デリヘル風俗店を営む側からすれば、この問題は運営する上で切っても切り離せない問題なのではないでしょうか。さて、一般的なデリヘル店に入店している女性の悩みはどんなものなのか、大きく3つに若手見ました。1つは客層の悪さ、2つ目は労働力と給与が見合わない、3つ目は何かあっても誰かに相談できない、この3点で悩みを抱えている女性が多いようです。1つ目に関しては風俗店ですので正直仕方がない部分はあります。お店はお客さんを選べません。お金を払ってくれている以上、100%の接客をしなければいけないのです。ですが客層が悪ければ何かと風俗嬢を傷つける言動や、お金を払っているから何しても良いと勘違いをしているお客もいるのでそういったお客に当ってしまうと風俗で働きたくない等の問題を発生させてしまします。またこの1つ目の問題と2つ目、3つ目の問題は深く関わっています。客層の悪いお客にあたってしまうとその接客する時間は苦痛に感じますし、一生懸命出来る範囲内でお仕事をこなす嬢にとっては精神的に負担は大きく悩みとなってしまいまうす。そして3つ目の誰かに相談できない部分も絡んできます。友達に気軽に相談出来る間柄ならいいかもしれませんがなかなか気軽にデリヘルや風俗のことに関して相談できる友達は一般的な仕事に比べて少ないかもしれません。そういったストレスのはけ口が少ない業種ですのでそういった点では非常にキツイかもしれません。高級デリヘルに務め女性に関しても例外ではないかもしれません。


きつめのおまんこ臭を忘れないように

ホテルに先入りしてからお店にインコールします。お気に入りのデリヘル嬢の空きを確認すると、すぐに案内できるとのことで、リザーブ確定です。いつもなら前日リザーブが基本の女の子なので今回はラッキーでした。キャンセルでも入ったかな。それか、欠勤なのに急遽出勤したとか、そういうのって結構あるんですよ。女の子にしても稼ぎ時というのがありますからね。そんなことで、すぐの案内とはいってもやはり30分くらい待っての対面です。この女の子とは今回で3度目です。いくらお気に入りでも3度までかな。女の子も同じ客を何度も相手にしたくないと思うのですよ。口では会いたいといっても本音はしつこい客くらいにしか思ってないでしょうからね。ということで今回は自分で勝手にお別れ会と思ってます。なんていいながらフリーでお願いしたら会うときもあるのですけど、それはそれなのですけどね。一応最後と思っているので、ねちっこく女の子の体をなめ回し、おまんこ臭も忘れないように嗅いでおきます。ちょっぴりきつめのおまんこの臭いはやはり30代だからかな。


デリヘルを連続利用

デリヘルをハシゴしちゃったって話です。夜にデリヘルA店を利用して、そのまま朝にデリヘルB店を使っちゃいました。A店で相手したのは、AVの出演もしたことがあるという子。流石にスタイルがよくて、そのボディに何発も出しちゃいました。「貼るカイロ」を背中に4枚くらいつけていたのが印象的です。「背中冷えちゃうんですもの!」とか言ってました。1枚、カイロを貰っちゃいました。ちょっと酔ってたし、どんなプレイしたか忘れちゃいました(笑)たぶんスマタはやった気がします。B店の子は、僕のタイプとは全然違う子だったんですが、エッチの内容は非常に濃かったため、よく覚えています。騎乗スマタからの尻コキで一発。それと息の吹きかけで一発出しちゃいました。息をただ吹きかけてもらっているだけなのに、かなり気持ちよかったです。ツバも垂らしてもらいました。ハシゴしたんですが、やっぱりデリヘルはたまに利用するくらいがちょうどいいですね。何度もやると疲れる・・・